能登ノート


ご縁あって能登の旅館に 嫁いだ私。新しい能登での生活と 若女将奮闘記です。
by moonlight-fish31
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事

版画教室

c0085628_2146970.jpg
  2日前から能登は雪が降っています。
  今年はもう降らないね~と言っていた矢先のことです。
  この冬、初めての本格的な雪模様です。

  思いがけない雪にお客様も喜んでいらっしゃいました。
  そして、お庭の雪つりもとってもうれしそう。
  春のお花さん、もう少しお顔を出すのを待っててね。

  実は私、女将修行の合間に若旦那と一緒に
  版画教室に通っていました。昨日、作品が完成!

  ちゃんと息抜きしてるでしょ。(笑)
  



 ☆何十年ぶりの彫刻刀。     ☆下絵に時間かかりました。    ☆彫るのは神経使います。   
c0085628_21553017.jpgc0085628_21554667.jpgc0085628_21555925.jpg 









   

    先生は神奈川県・茅ヶ崎から3年前に能登に移り住んだ、農民版画家・鈴木敏治先生。
    私と若旦那が、能登で出会った大好きな人のひとりです。
    そんな鈴木先生の下で、4回の版画教室。
    私と若旦那を含めて10人ぐらいの小さなお教室でした。


 c0085628_22124713.jpg


    
     

   テーマは能登の風物。
   私もかなり悩みました。
   悩んだ結果が、【のと鉄道】
   一輌で能登を走っている小さな電車です。

   若旦那は椿と旅館。
   うむむ?作風なんだか逆のような…。




c0085628_22192552.jpg 

  なんでもやってみたい二人。
  そして能登にきたからこそ、やってみたくなった版画。
  先生の作品を見て、版画の素晴らしさを再認識。

  能登の人達とおしゃべりしながら、
  お互いの作品を見せ合いっこして、
  木の香り、炭の香り、和紙の香りに包まれて
  本当に本当に楽しい時間でした。

  最後は桜の木の手作りハンコをポンッ。




                   仕事が終わって、何度も遅刻して行った教室。
                       でも、なんとか期日以内に完成!
c0085628_22315815.jpg

                   私らしい、男勝りな作品になりました。(苦笑)
                   作品に性格って出るんだなぁ~。しみじみ。

                   能登で生活する楽しみをまた見つけました!
           その土地で楽しく生活することって、女将さんにとって大切なことですよね。
  
by moonlight-fish31 | 2007-03-08 22:43
<< 記念日 七福神 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧